鳥居が姿を消し仮殿を建てる準備が進められる志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

2020年04月04日(土) 鳥居が姿を消し仮殿を建てる準備が進められる志宝屋神社(豊受大神宮 末社) (車、徒歩)

2020年度に御造替および大修繕を迎えるお伊勢さん125社 摂社・末社を探すために訪れた志宝屋神社(豊受大神宮 末社)。

以前にも紹介したように候補としてあげている神社のひとつだ。

【修繕】伊我理神社(豊受大神宮 末社)、井中神社(同)を同座
【造替】神前神社(皇大神宮 摂社)、許母利神社(同末社)および荒前神社(同末社)を同座
【修繕】志宝屋神社(豊受大神宮 末社)
【修繕】棒原神社(皇大神宮 摂社)
【修繕】狭田国生神社(皇大神宮 摂社)
【修繕】久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)
【修繕】田上大水神社(豊受大神宮 摂社)
【修繕】田上大水御前神社(豊受大神宮 摂社)

【参考】

 

社叢の入口を見ると大いに違和感があり、大いに驚いた。

参道の鳥居が姿を消し、仮設のスロープが設置された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

参道の鳥居が姿を消し、仮設のスロープが設置された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

入口の段差には仮設のスロープが設置されている。まずその違和感。さらに冷静になって考えると鳥居が姿を消していた。

参道の鳥居が姿を消し、仮設のスロープが設置された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

参道の鳥居が姿を消し、仮設のスロープが設置された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

先々週に訪れた時はこんな感じだったから

2020年03月21日時点

志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

【参考】 帰宅前に遠回りして訪れた志宝屋神社(豊受大神宮 末社) 2020年03月21日

 

何ともスッキリとし過ぎた社窓だ。

参道の鳥居が姿を消し、仮設のスロープが設置された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

参道の鳥居が姿を消し、仮設のスロープが設置された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

2020年03月21日時点

志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社窓から

志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社窓から

 

修繕が開始されることの確信を得て参道を進むと

御敷地へのスロープが仮設された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

御敷地へのスロープが仮設された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

御敷地の隅にも仮設のスロープが設置されていた。

御敷地へのスロープが仮設された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

御敷地へのスロープが仮設された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

これから仮殿が建てられるのだろう。

御敷地へのスロープが仮設された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

御敷地へのスロープが仮設された志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

ところで、これらのお白石は何処にあったものだろうか?

これらのお白石は何処から? 志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

これらのお白石は何処から? 志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

仮殿遷座を終えれば簀屋根が掛けられので、現在の姿は見られなくなる。

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

見納めのつもりで・・・

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

しばらくすると修繕が開始される志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

ところで、前回も疑問に思っていた「令和記念樹クルミの木」が植えられていた場所には仮設トイレが設置されていた。クルミの木は何処へ?

ここにはクルミの木が?、志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

ここにはクルミの木が?、志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

【参考】

 

2020年度の最初は、志宝屋神社で決まりだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です