今社への奉納、味噌井拓志さんの論考「今社の御頭神事」

2020年07月04日(土) 今社への奉納、味噌井拓志さんの論考「今社の御頭神事」 (車、徒歩)

玉城町から伊勢へ戻ってくるとまっ先にこちらへ立ち寄った。

今社(伊勢市宮町)

今社(伊勢市宮町)

 

こちらは今社。

今社(伊勢市宮町)

今社(伊勢市宮町)

 

その理由は、先週に紹介した味噌井拓志さんによる論考「今社の御頭神事」の

【参考】

 

冊子を社務所に奉納するためだった。

今社への奉納、味噌井拓志さんの論考「今社の御頭神事」

今社への奉納、味噌井拓志さんの論考「今社の御頭神事」

 

これで、味噌井さんから依頼されていたミッションが完了。


 

この記事を書いていてこんなことを夢想してしまった。

味噌井さんは御頭神事に関する多数の論考を書かれているので、許可を得られれば本ブログで紹介できないだろうか?

私の手もとのあるだけでもこんなに。

  • 平成二七年以前の三重県度会町における棚橋の御頭神事
  • 江戸時代における伊勢国度会郡「棚橋の御頭神事」の実態 ー神事関連文書の分析を通じてー
  • 「棚橋の御頭神事」の開始年代に関する一考察〜三重県度会町棚橋に伝来する木造獅子頭の製作年代の検討から〜
  • 下久具の御頭神事
  • 有滝の御頭神事

 

投稿している機関紙の許可が必要だろうが、できれば多くの方に読んでいただきたい。

後で味噌井さんに打診してみよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です