久しぶりに訪れた浦神社(鳥羽市浦村町)

2018年12月01日(土) 久しぶりに訪れた浦神社(鳥羽市浦村町) (車、徒歩)

海の博物館へ向かう途中、浦神社に立ち寄った。

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

御由緒などについては以前の記事を参照していただくこととし、ここでは写真にて参拝の様子を紹介しよう。

【参考】

 

参道の入口で

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

狛犬に迎えら

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

見上げれば御神体である巨岩が望める。

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

参道を進み、右手にある手水舎にて心身を清めるとこちらの石階が待っている。その下には

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

プラケースに二足のわらじが準備されている。

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

急な石階を慎重に登ると

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

お参り。

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

左へ巻くと御神体を見上げながら本殿へと続く小道がある。

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

その小道を進むと御垣の外から本殿が望めた。朱に塗られた本殿は趣がある。

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

お参りを終えて石階を降ろうとすると右手の石灯籠がやけに気になる。その素材はマーブルのようだ。

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

注意深く石階を下るとその途中に滝が落ちている。

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

参道を戻ると

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

大きな石に刻された社号の「浦」の点が汗のように見えてしまった。

浦神社(鳥羽市浦村町)

浦神社(鳥羽市浦村町)

 

堤防の切れ目から見えていた生浦湾がとても気になったので、こちらへ・・・。

生浦湾(おおのうらわん)

生浦湾(おおのうらわん)

 

海の上から振り返った。この角度で眺めるのは初めてだ。

生浦湾(おおのうらわん)の海上から眺めた浦神社(鳥羽市浦村町)

生浦湾(おおのうらわん)の海上から眺めた浦神社(鳥羽市浦村町)

 

かもめバス 今浦 バスのりばへと場所を変えると

かもめバス 今浦 バスのりば付近から望む生浦湾(おおのうらわん)

かもめバス 今浦 バスのりば付近から望む生浦湾(おおのうらわん)

 

こちらからもパチリ。

かもめバス 今浦 バスのりばにて

かもめバス 今浦 バスのりばにて

 

車に戻ろうとした時、この表示板に気付いた。ここからパールロードとなっている。

「パールロード起点」表示板、浦神社付近(鳥羽市浦村町)

「パールロード起点」表示板、浦神社付近(鳥羽市浦村町)

 

(この裏側を確認するのを忘れたが、「パールロード 終点」なのだろうか?)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です